病院で高血圧だと言われた人、それ以後はなんとか改善したいと体に良い事をしたりだとか、体に悪い事をやめたりすると思いますよね。高血圧は放置しておくと、動脈硬化の危険因子となります。それは何故かと言う言うと生命の危機を意味するからですね。「たかが高血圧!」とは思わないでください。(笑顔)さて、高血圧だとお医者さんに言われると、お酒をやめる人がいます。

実は、高血圧には、アルコールが良いと言います。この事を知らないで、高血圧を改善しようとお酒を断つ人もいますよね。しかし、これは適量を飲んだ時に言えることです。ですから、お酒の飲みすぎには、逆に血圧を上げてしまいます。そして、また血圧が上がります。

ですから、結果的に、慢性的に血圧が上がります。それで高血圧になります。毎日のように、お酒を飲む人は、お酒を飲まない人に比べ、10歳プラスの血圧値だと言うデータもあります。~と言う事で、飲みすぎはいけませんが、「少量のアルコールは、高血圧に効果的」と言う事になります。

関連ページ