フラット35sエコ一戸建てでも借りられる?

フラット35sは、高性能エコ住宅の購入を考えているなら、検討してもいいですね。
一戸建ての新築住宅の場合、基準に適合しているか調べた上で、融資が実行されます。
Aプランの方は、耐震性に関しても3等級以上、といった細かい取り決めがあり、基準値が設定されています。
その分、Aプランに適合していると、10年間0.
6%の金利引き下げを受けることが出来ます。
また、こうした等級までには及ばずとも、住宅金融支援機構の定めたBプランの規定に適合していると、5年間の金利減となっています。
最近の金利推移は、底値感が強くなってくるほどの低金利ぶりです。
こうした低金利の時に長期固定ローンを組んでしまえば、この先2%に戻しても低いままでから返済計画が立てやすいですね。
金利が安いおすすめのフラット35は?