FXスワップ金利の仕組みってどうなってる?

例を挙げますと、日本の金利が1%で、購入する外貨の発行国の金利が5%である場合、慮国の金利差である4%がスワップポイントとして入ってくるものとなっているのです。
しかしながらこのスワップポイントというものは、金利の低い通貨を売って、高い通貨を買った場合のみにつくものとなっています。
また、このスワップというものは通貨の金利差であるものなのですけれども、FXのスワップポイントというものは、業者間によって差があるものとなっています。
そのスワップポイント差は、業者に入る手数料として差し引かれるものとなっていますから、各業者によってスワップには差が生まれています。