住宅ローン金利の推移を比較すると?

住宅ローン金利の金利の推移は、バブル時代の8%を頂点に基本的には下がり続けており、最近で言えば優遇後の変動金利で1%を割っているケースも多く、もうこれ以上下げることが出来ない状況になっています。
以前は大手金融機関の社内融資も3%程度となっており、非常に好条件と言われていましたが、今では社内融資と言う言葉自体死語になっている状況です。
民間の金融機関がこれだけ金利を下げているのに、どこの会社も面倒な社内融資など景気も悪くなっているのにやっている場合ではありません。
住宅ローン金利の金利は今後は上がってゆくのかどうかは不透明な状況ですが、もう下げられる幅が無いので、きっかけがあれば上がることになるのでしょう。
住宅ローン金利見直し方法は?お得な銀行比較!【借り換えメリットは?】