レーシックは本当に視力が回復するの?

レーシックは視力回復手術で、その方法として角膜屈折矯正手術をこのレーシックによって行なうのです。
この角膜屈折矯正手術というのは目には角膜上皮とその下にボーマン膜がありそして角膜実質となっていてこの角膜実質をエキシマレーザーで削り曲率をかえることによって角膜の屈折を矯正することができるのです。
このような方法で目の悪い人などの視力を回復し普段からコンタクトやメガネをかけた生活をしなくても良いように裸眼の視力をアップさせるための手術なのです。
屈折矯正というのは角膜を削ることによって、レンズ役割をさせるようにするための手法となっています。
このように、レーシックというのは、矯正によって視力を回復する手術なので、全体的に90パーセント以上の方が視力の回復をしていて、そして視力が1.0になるという人がほとんどとなっているのです。
もちろんレーシックにはたくさんの種類がありますから、手術方法によっても変わってきますが、視力回復だけではなくて視界が今までよりもクリアに見え出した、という方もたくさんいらっしゃいます。
視力自体はたいてい、手術直後1日くらいから回復し始めます。
徐々に視力が安定し始め完全に安定するのには、早い人で1週間くらい、長くても1ヵ月たつ頃には安定するのです。